巻組のビジネス

巻組のビジネス

O U R V I S I O N

巻組の考え方

私たちの仕事は、
「一見無価値な不動産を資源としてクリエイティブな人々につなげていくこと」。

着目するのは、古くて立地条件が悪く設備も未整備な、いわゆる「絶望的条件の空き家」です。それを魅力的な場所へとリノベーションし、石巻を舞台にクリエイティブな生き方を実践する人たちへとマッチングします。巻組は、彼らがそうした活動の舞台を得ることで新しい事業を生み出し、順調に拡大成長していくことこそ、持続可能な地域経済を作る基と考えています。

そこに暮らす人が価値を創造するために、無価値に見える不動産を資産化して提供する。
その集積によって、人口減少が進む地域はむしろイノベーションを生む土壌に生まれ変わる。その実現を目指し、私たちは以下の領域で事業を行っています。

O U R B U S I N E S S F I E L D S

3つの事業領域

巻組の強み
巻組の強み1 巻組の強み1

ポイント 1

巻組によるリスクの引き受け

多くの「絶望的条件の空き家」のオーナーは個人の高齢者で、自ら融資を受けるなどのリスクを負って収益化に挑戦する体力がありません。そこで、巻組が自ら資金を調達し、物件を買い取りまたは借り上げることによってリスクを引き受けます。巻組が間に入ることで、個別の物件には集まりにくいリソースを仕組みづくり・受け皿づくりに集中させ、結果として物件が動きやすい環境をつくっています。

ポイント 2

マッチングだけで終わらない入居者支援

どんな物件も、使い手が入居・滞在して初めて「家賃・宿泊料」というキャッシュを生みます。人口が多い大都会の賃貸マーケットと根本的に事情が異なる石巻で、巻組はむしろ、「私たちの物件はこんな人に使ってほしい」というイメージを持ち、そうした人たちを「呼び込みプールし支援する」ことで精度の高い(空室・滞納の出ない)マッチングを実現しています。その多くが移住者や二地域居住者であり、また起業家やポートフォリオワーカー、アーティストなど、既存の枠にとらわれないクリエイティブな生き方をする人たち。彼ら自身のビジネス成功に向けた支援や販路づくりを含めて、石巻で幸せに生活できる環境づくりをトータルで目指しています。

巻組の強み2 巻組の強み2

ポイント 3

投資家にも地域にも恩恵のある循環づくり

巻組のビジネスモデルは、入居者募集を通じた移住・起業促進によって町の活性化につながっているだけでなく、空き家の改修に地元の職人さんや地元産材を活用することで、地域経済にも貢献しています。さらに投資家・金融機関は、巻組への投融資を通じて、「まちづくり」「地域経済の活性化」という社会への貢献を間接的に実現していることになります。